EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

歯の痛みを治したい~一般歯科~

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  歯の痛みを治したい~一般歯科~

虫歯は放っておいても治りません

虫歯は、放っておいても自然に治ることはありません。ごく初期の虫歯であれば削らずに治る場合もありますが、多くは虫歯になった部分を削り取って、詰め物や被せ物で補わなくてはなりません。また、治療を受けずに放っておくと、最悪の場合は歯を失ってしまうこともあります。

虫歯の厄介なのは、初期の自覚症状がほとんどなく、かかっていてもなかなか自分で気付けないこと。虫歯を予防して歯の健康を保つためには、症状がなくても定期的に通院して検診を受けることが重要なのです。

初期の虫歯は再石灰化で治せます

虫歯菌が出す酸によって歯の表面が溶かされる現象を、「脱灰(だっかい)」と言います。脱灰とセットで語られることが多い「再石灰化(さいせっかいか)」とは、唾液の働きによって虫歯菌が放出する酸が中和されること。口腔内では、脱灰と再石灰化が常に繰り返されています。

脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回ってしまうと、虫歯になります。再石灰化は唾液の働きで日常的に行われているものですが、フッ素塗布などで促進することもできるため、初期の虫歯なら治癒することもあるのです。

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

歯がしみる症状があっても、必ずしも虫歯であるとは限りません。歯がしみる場合、知覚過敏であることも考えられるからです。知覚過敏というのは、歯の表面のエナメル質が薄くなることで歯の神経に刺激に敏感になり、それによって引き起こされる症状のこと。虫歯と同じように早期発見・早期治療が大切になります。

重度の虫歯は根管治療で治します

歯には、神経や血管が通る「根管」という管があります。神経まで達してしまった虫歯の場合は、歯の根を治療する根管治療が行われます。根管治療は、虫歯に冒された神経や汚染された物質を除去した後に、根管内を洗浄・消毒し、薬剤を詰めてその部分を塞ぎます。

根管治療は非常に高度な治療技術を要しますが、当院では数多くの根管治療実績を持つ医師が治療にあたっていますので、安心してお任せいただければと思います。

睡眠時無呼吸症候群の治療

本を読んでいる時やテレビを見ている時、会議をしている時、車の運転をしている時などに、強い眠気に襲われるという方はいませんか?心当たりのある方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などが原因で睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。睡眠時無呼吸症候群になると、いびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感といった症状が現れます。また、高血圧や脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすリスクがあり、眠気から交通事故や産業事故などを招く原因にもなるので、眠気があるという方は要注意です。

睡眠時無呼吸症候群を発症する要因?

舌根沈下や鼻中隔湾曲症、小顎症など、睡眠時無呼吸症候群を発症する要因はいくつかあります(くわしくは左図)。まずは要因を突き止めることが重要ですので、心当たりのある方はお早めにご相談ください。

簡易検査のご案内

当院では、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を実施しています。

この検査では、SpO2(パルスオキシメーターによる経皮的動脈血酸素飽和度)、鼻の気流、いびきの頻度などを計測することにより、無呼吸・低呼吸指数を検出し、その程度をチェックします。検査の結果によっては、より正確な診断を行うために睡眠ポリグラフィー検査が必要になる場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

適切な治療を行うと、日中の眠気や倦怠感が解消されるだけでなく、合併症の予防・改善にもつながります。治療にあたっては、生活習慣の見直し(飲酒制限や減量などを含む)にくわえて以下のような方法をとります。

マウスピースによる治療
マウスピースを就寝中に装着し、下顎を前方へと引き出すことで、舌の後方のスペースを確保して気道の閉塞を防ぎます。いびきだけでお悩みの患者さんや軽度~中等度の睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんにおすすめです。
CPAP療法
CPAP(シーパップ)療法は、就寝中に鼻マスクから空気を送り込むことで気道の閉塞を防ぎ、無呼吸状態を解消する治療法です。CPAP治療を受けていただく場合は、睡眠ポリグラフィー検査後さらに1~2日の入院が必要になります(睡眠ポリグラフィー検査後に一度退院し、再度入院することも可能です)。

スポーツをする人はマウスガードを

マウスガードを装着すると、練習中・試合中の歯への強い衝撃から、歯を守ることができます。また強い衝撃を受けた場合の脳しんとうを防ぐ効果もあります。特にスポーツでのケガなどが多い子どもの時期に、マウスガードは有効です。

当院では、マウスガードの作製も行っていますので、お子さんやスポーツをする方は、ぜひマウスガードをご検討ください。

訪問歯科

当院では、寝たきりの方やお体の不自由な方など、通院が難しい方向けの訪問歯科を行っています。治療器具のユニットをお持ちしますので、虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製や調整などが可能です。

歯医者に行きたくても行けない方、またそのご家族の方は、ぜひお気軽に当院までお問い合わせください。

お口のことでお困りのことがございましたら、お気軽に当院へご相談ください。
04-7133-1416

TOP