EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

妊娠中に歯が痛くなったら?~マタニティ歯科~

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  妊娠中に歯が痛くなったら?~マタニティ歯科~

出産前に治療をしておきましょう

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。虫歯は、お母さんや周囲の方々の唾液などを介して、赤ちゃんに感染する病気なのです。乳歯が生えそろう生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月――この期間は虫歯への感染注意が必要です。特に、お子さんと接触するお母さんの口腔内の状態が非常に大切になってくるのです。

出産前に、理想的な口腔内環境を作っておきたいとお考えのお母さんは、どうぞお気軽にご来院ください。

治療時期の目安

「妊娠中は、歯科治療はしないほうがいいのでは?」とお考えの方も多いでしょう。ですが、虫歯や歯周病にかかっている場合は、妊娠中に治療しておくことが大切です。ただ、妊娠中の歯科治療には、適切なタイミングというものがあります。

初期(妊娠1~4ヶ月)

切迫流産の可能性があるので、歯科治療はお控えください。

中期(妊娠5~8ヶ月)

安定期と言われるこの時期は、一般的に問題が起きる心配なく歯科治療を受診できます。

後期(妊娠9ヶ月~臨月)

いつ陣痛が起きるか分からないため、この時期は歯科治療は避けたほうが賢明です。出産後、体調が落ち着いてから治療を受けるようにしましょう。

妊娠中に歯科治療を受けるタイミングなど不明点などがございましたら、当院までお気軽にご相談ください。

ご自宅でのケア方法

実は妊娠中というのは、口腔内の病気にかかりやすい時期。お口の健康を守るポイントをご紹介します。

ポイント1 フッ素やキシリトールの活用

フッ素には、細菌の繁殖を抑制したり歯の再石灰化を促したりする働きがあります。また、キシリトールには、フッ素の働きをサポートする作用があります。これらを含んだガムや歯磨き粉が市販されていますから、積極的に活用するようにしましょう。

ポイント2 食後には水や緑茶を

妊婦さんの場合、つわりがあると食後すぐにブラッシングするのが難しいことがありますよね。ブラッシングができない場合は、食後に水や緑茶を飲む習慣を付けるといいでしょう。食後に水や緑茶を飲むことは、口腔内の細菌の繁殖を抑えたり、唾液の分泌を促したりする効果があります。ただし、飲みすぎると必要な常在菌をも流してしまうため、飲みすぎには要注意です。

ポイント3 リラックスして規則正しい生活を

妊婦さんは免疫力が低下しがちで、ストレスにも弱い状態になっています。ですから、規則正しい生活を心がけるだけではなく、ストレスをためないようにすることも大切です。気分が向いたら、外の空気を吸いに散歩に出かけてみるのもいいリラックスになると思いますよ。

すでにお子さんがいらっしゃるお母さん方へ

当院ではお母さん方が治療中に、保育士の資格を持ったスタッフがお子さんお預かりしております。実際にお母さん方からお子さんがいても気にせず治療を受けられたなどご好評をいただいております。お子さんと一緒に是非お越しください。

TOP