EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

インプラントを検討している~インプラント治療~

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  インプラントを検討している~インプラント治療~

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分のアゴの骨にチタンでできた人工歯根であるインプラントを植え込み、その上から人工歯を取り付ける治療法です。チタンは骨と結合する性質があるため、インプラントはアゴの骨にしっかりと固定され、本物の歯に遜色ない咬み心地を取り戻すことができます。

今まで、歯を失った場合は入れ歯やブリッジによる治療が一般的でしたが、インプラント治療なら、機能や審美の両面において従来の治療法を上回る仕上がりが期待できます。

インプラントはこのような方におすすめ

  • いちばん奥の歯が抜けているため、ブリッジが使えない。
  • 失った歯が多いため、ブリッジでは支えきることができない。
  • ブリッジをするために、健康な歯を削るのには抵抗がある。
  • 入れ歯をするのは、審美的に抵抗がある。
  • 入れ歯は着脱するのが面倒くさい。
  • 入れ歯は気持ち悪くそうだから、装着しようと思えない。
  • 入れ歯が合わなくなってきた。
  • 交通事故の外傷などにより、歯を失ってしまった。

「自分にはインプラントが合っているかも」と思われた方は、お気軽に当院にお越しください。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 本物の歯に遜色ない咬み心地を取り戻すことができる。
  • 咀嚼した時の刺激が、直接アゴの骨に伝わるため、アゴの骨が痩せてしまうことがほとんどない。
  • 人工歯にはセラミックなどの素材を用いるため、見た目も強度も本物の歯に近い状態に仕上げることができる。
  • アゴの骨に人工歯根を固定するため、入れ歯やブリッジと違い、周囲の歯に負担をかけることがない。
  • 高い治療費がかかる。
  • 外科手術をしなければならない。
  • 全身疾患があったり、アゴの骨の量が少なかったりすると、治療を受けられないことがある。

インプラント治療の流れ

ステップ1 カウンセリング

患者さんのご希望やご要望、ご質問をじっくりと伺います。また、口腔内の状態も確認します。インプラント治療について丁寧に分かりやすくご説明しますので、ご安心ください。

ステップ2 検査

健康状態や病歴などをお尋ねし、レントゲンや歯科用CTを用いた検査を行います。

ステップ3 治療プラン・治療方針のご提案

検査結果を踏まえ、治療プラン・治療方針を立案し、ご提案いたします。当院では、インフォームドコンセント(説明と同意)を重視していますので、治療内容や期間・費用などについて不明点などがございましたら、お気軽にご質問ください。

ステップ4 治療プラン・治療方針への同意

治療プラン・治療方針にご納得いただき、同意をいただけましたら、治療へと移ってまいります。

ステップ5 一次手術

アゴの骨にインプラントを埋め込む手術を行います。抜歯程度の痛みがあるため、局所麻酔を使用します。

ステップ6 抜糸

一次手術から1~2週間経ったら、状態を見て抜糸します。この際、同時に患部の経過も確認します。

ステップ7 安静期間

インプラントとアゴの骨とが結合するまでの安静期間です。一般的には、下アゴの場合で2~3ヶ月、上アゴの場合で3~6ヶ月の安静期間を設けます。期間中は、歯がない状態を避けるために、仮歯を利用することも可能です。

ステップ8 定期検診

3~4週間に1回の頻度で、定期検診を受診していただきます。定期検診では、患部の経過を観察したり口腔内の様子を確認したりします。

ステップ9 二次手術

インプラントと人工歯をつなぐ役割を担う支柱を取り付けるための手術を行います。二次手術後、歯茎が治るまでの1~6週間は安静期間となります。

ステップ10 人工歯の装着

二次手術の経過が落ち着き次第、型を採り、人工歯を作製します。人工歯の色や形などは、できる限り患者さんのご希望を反映します。完成した人工歯を装着したら、インプラント治療は終了です。

ステップ11 定期検診・メンテナンス

インプラント治療が完了した後も、定期的に口腔内の様子を確認させていただきます。定期検診では、インプラント特有のトラブルを防ぐための処置も行います。当院では、半年に1回程度の定期検診をお願いしています(口腔内の状態によって変わってきます)。

治療後のメンテナンスが重要

インプラントが半永久的に長持ちするものですが、それは口腔内の健康が保たれていることが条件になります。インプラントは人工歯ですから虫歯になることはありませんが、インプラント周囲炎(歯周病同様の症状)になってしまうと歯茎がダメージを受け、長期的な安定を得ることが難しくなります。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のホームケアや定期検診が大切。費用と時間をかけて新しい歯を手に入れたわけですから、丁寧にケアしていきましょう。

普段のお手入れなどについて不明点がございましたら、定期検診の際にご相談ください。

インプラントの料金

フィクスチャー(オペ込み)
216,000円
検査
32,400円
CT撮影
11,880円
アバットメント
27,000円
フィーリングキャップ
5,400円
骨の造成(サイナスリフトやソケットリフト)
108,000円

※料金は全て税込みです。

TOP