EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

入れ歯が合わない・壊れた~義歯~

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  入れ歯が合わない・壊れた~義歯~

合わない入れ歯でガマンしていませんか?

「入れ歯は痛みやガマンがつきもの」とお考えの方もいらっしゃいますが、実際はそのようなことはありません。痛みを感じるのは、義歯のサイズが合っていなかったり咬み合わせがズレていたりするから。その原因をクリアすれば、あなたにぴったり合う快適な入れ歯ができるはずです。

自分に合った新しい入れ歯を作りたい方、今の入れ歯を修理したい方は、お気軽に当院にお問い合わせください。


入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 入れ歯で歯を補うことで、虫歯予防や消化促進といった効果が期待できます。
  • 入れ歯で歯を補うことで、発音が不明瞭になるのを防げます。
  • 保険適用のものであれば、安価な費用で作製できます。
  • 見た目が良く、表情が若く見えます。
  • 自分に合っていない入れ歯だと、違和感を覚えることがあります。
  • 自分に合っていない入れ歯だと、歯茎を刺激して痛みを感じたり、硬い物が食べにくかったりします。
  • 自費の入れ歯の場合、費用が高額になります。

自費と保険の入れ歯の違い

入れ歯には保険適用のものと自費治療のものがあります。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

  保険適用の入れ歯 自費治療の入れ歯
 

素材 レジン(歯科用のプラスチック) 金属や生体シリコンなど様々な素材から選ぶことができる。
費用 保険が適用されるため安価 保険が適用されないため高額
作製期間 1ヶ月程度 比較的長くかかる
使い心地 厚みがあるため、装着時に違和感が出ることが多い。
咀嚼力が弱い。
食べ物の味や温度に鈍感になる。
話しづらさを感じる。
保険適用の入れ歯よりも薄く作ることができるため、違和感が少なく、咀嚼力も強い。
熱伝導性に優れた素材を使用すれば、食べ物の温度を感じやすい。
耐久性に優れているため、長く使用できる。
薄いため装着感に優れている。
見た目 入れ歯を入れていることが分かりやすい。 保険適用の入れ歯と比べると見た目が自然。
バネがない部分入れ歯を作ることもできる。
修理 簡単に行える。 場合によっては難しくなる。

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯

歯茎に触れる部分がレジンで作られた入れ歯です。

メリット デメリット
  • 短期間での治療が可能。
  • 保険が適用されるため安価。
  • 様々な症例に適用可能。
  • 床に厚みがあるため、違和感を覚えやすい。
  • 入れ歯を入れていることが分かりやすい。
  • お口のサイズに合っていない場合、しっかりと咀嚼できない。

【金額】保険適用

タイコニウム床

義歯床の部分にタイコニウムメタルを使っている入れ歯です。

メリット デメリット
  • 素材に適度な弾力があるため、長持ちする。
  • 装着感に優れている。
  • 熱伝導に優れているため、自然に近い温度感覚で食事できる。
  • レジンに比べると修理が難しい。
  • 金属アレルギーの恐れがある。

【金額】270,000円(税込)

ノンクラスプデンチャー

金属製のバネを使わない、部分入れ歯です。

メリット デメリット
  • 自分の歯へのダメージが少ない。
  • 見た目が自然である。
  • 壊れにくい。
  • 温度変化に弱い。
  • 食べ物の温度が伝わりづらい。

【金額】
4歯以下 108,000円(税込)
4歯以上 162,000円(税込)

チタン床義歯

歯茎に触れる部分が金属で作られた入れ歯です。

メリット デメリット
  • 強度があるため壊れにくい。
  • 薄く作れるため違和感があまりない。
  • 食べ物の温度を感じやすい。
  • 金属アレルギーの恐れがある。
  • 修理が難しくなる。

【金額】チタン 432,000円(税込)

TOP