EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

機能向上で見た目もよくなる?~機能美歯科~

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  機能向上で見た目もよくなる?~機能美歯科~

機能向上で見た目もよくなる?

どんなに見た目が良くても、自分に合わないものであれば苦痛に感じてしまいます。
しっかり噛めるようにする、歯を磨きやすくする、抜けた歯を補うなど、機能を良くするために、当院では、患者さんのお口の状態に合わせた治療を行い、歯を整えることにより、よく噛める・人前でも笑えるようになったなど、機能と美しさを兼ね備えた治療を行います。

入れ歯の利点は、その人の気分で装着ができることです。インプラントは嫌になっても気軽に外せません。もちろん、インプラントはインプラントの利点があり、自分の歯と同じような感覚で物が噛むことができます。
入れ歯もインプラントもブリッジもそれぞれにいいところもあり、悪いところもあるのです。患者さん一人一人に合った補い方があるため、患者さんの要望を聞き、相談しあいながら患者さんに合った治療を提案しています。

銀歯が気になる

思い切り笑ったり大きく口を開けたりした時に、銀色の詰め物・被せ物が気になることはありませんか? 見た目から治療したことがわかる銀歯は、人前ではあまり見せたくないものですよね。

銀歯が気になる方におすすめなのが審美歯科治療。セラミックをはじめとする素材を用いて、まるで本物の歯のような仕上がりを目指します。審美歯科にご興味のある方は、お気軽に当院までご相談ください。

銀歯とセラミックの違い

以前の虫歯治療においては、銀色の詰め物が使われることがほとんどでしたが、最近では、歯科治療に対して「美しさ」が求める人が増えており、銀歯は嫌われる傾向にあります。審美面以外でも、銀歯は金属製ですから、金属アレルギーをお持ちの方に利用することが難しいという問題も抱えています。このような背景から注目されるようになったのが、セラミック治療です。

銀歯は金属アレルギーの恐れあり

以前の虫歯治療においては、銀色の詰め物が使われることがほとんどでしたが、最近では、歯科治療に対して「美しさ」が求める人が増えており、銀歯は嫌われる傾向にあります。審美面以外でも、銀歯は金属製ですから、金属アレルギーをお持ちの方に利用することが難しいという問題も抱えています。このような背景から注目されるようになったのが、セラミック治療です。

口腔内の粘膜と接触し、なおかつ常に唾液にさらされる歯科金属は、実は金属アレルギーを引き起こしやすい存在。当院では、歯科金属によるアレルギーを防ぐために、様々な工夫をしています。

当院の取り扱い素材

保険適用の素材

金銀パラジウム合金


一般的に「銀歯」と呼ばれる保険の素材です。

メリット
  • 金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にでも使用できる
  • 保険が適用するので値段が安価
デメリット
  • 金属なので見た目が良くない
  • 金属アレルギーなどを引き起こす可能性が高い
見た目
☆☆☆☆☆
耐久性
★★★☆☆
コンポジットレジン

歯科用プラスチックで作られた素材です。

メリット
  • 色が歯に似ているので見た目が良い
  • 修理が比較的簡単
  • 保険が適用するので費用が安価
デメリット
  • 時間が経つと変色し、見た目が悪くなることがある
  • あまり強度がなく割れやすい
見た目
★★☆☆☆
耐久性
★☆☆☆☆
硬質レジン前装管

中身は金属で外から見える部分にのみレジン(歯科用プラスチック)を貼りつけた素材です。

メリット
  • 色が歯に似ているので見た目が良い
  • 中身が金属なので強度がある
  • 保険が適用するので安価
デメリット
  • 時間が経つと変色することがある
  • 裏側から金属が見える
  • 金属アレルギーなどを引き起こす可能性が高い
見た目
★★★☆☆
耐久性
★★★★☆
メタルコア

ほとんどの保険治療で使用される土台です。

メリット
  • ほとんどの症例で使用可能
  • 保険が適用するので安価
デメリット
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 被せ物によっては、透けて見えてしまう
見た目
★★☆☆☆
耐久性
★★★★☆

自費の素材

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれる、セラミックで作られた素材です。

メリット
  • 見た目が自然で、仕上がりが美しい
  • 割れにくく強度が優れている
  • 金属アレルギーになる恐れがない
  • 経年劣化がほとんど見られない
デメリット
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
  • 歯を削る量が多くなる
金額
108,000円
見た目
★★★★★
耐久性
★★★★★
オールセラミック(AGC)


オールセラミックは、すべてセラミックで作られた素材です。

メリット
  • 透明感があるため、仕上がりが美しい
  • 色のバランスを整えやすい
  • 強度が優れている
  • 金属アレルギーになる恐れがない
デメリット
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
  • 歯を削る量が多くなる
金額
インレー:48,600円
クラウン:97,200円
見た目
★★★★★
耐久性
★★★★☆
メタルボンド

金属のベースにセラミックを焼き付けた素材です。

メリット
  • 丈夫なため、割れにくい
  • ほとんどの部位に使用できる
  • 仕上がりが自然
デメリット
  • 色調はオールセラミックに劣る
  • まれに金属アレルギーを引き起こす可能性がある
金額
86,400円
見た目
★★★★☆
耐久性
★★★★☆
ハイブリッドセラミック


セラミックに、歯科用のプラスチックであるレジンを混ぜた素材です。

メリット
  • 優れた透明感があり、仕上がりが美しい
  • 咬み合う歯を傷める心配がない
  • 金属アレルギーになる恐れがない
デメリット
  • 時間が経つと変色する
  • 割れることがある
金額
インレー:32,400円
クラウン:54,000円
見た目
★★★★☆
耐久性
★★★★☆
ゴールド


貴金属のベースにセラミックを焼き付けた素材です。

メリット
  • ベースが金属なので割れにくい
  • ほとんどの部位に使用できる
  • ベースにゴールドを用いることで、虫歯になりにくくなる
  • 金属アレルギーになる心配が少ない
デメリット
  • 金属なので見た目が良くない
金額
インレー:43,200円
クラウン:54,000円
見た目
★★★★☆
耐久性
★★★★★
ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削って、そこに薄いセラミックを取り付ける治療に使う素材です。

メリット
  • 咬み合わせ改善も可能
  • ホワイトニングで効果を得られない場合に有効
  • 短期間で治療できる
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 薄く割れやすい
  • 歯の形は変えられるが、歯の方向はほとんど変えられない
金額
59,400円
見た目
★★★★☆
耐久性
★★★☆☆
ファイバーコア

白い素材でできた歯の芯(土台)となるパーツです。

メリット
  • 折れたり割れたりしにくい
  • 透明感のある自然な仕上がりになる
  • 金属アレルギーになる恐れがない
デメリット
  • 金属に比べると取れる可能性がある
金額
10,800円
見た目
★★★★★
耐久性
★★★★★
TOP