EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

インタビュー・院長紹介

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  インタビュー・院長紹介

ドクターインタビュー

歯科医師になったきっかけと、なってよかったと思うことはどんなことですか?

父親が歯科医師ということもあり、自分も人の役に立ちたいと思い、歯科医師になりました。
「噛めるようになってありがとう」「食べれるようになってありがとう」って言っていただけるのはもちろん嬉しいですが、歯科医師として、噛めるようにする・痛みをとるというのは当たり前の根本的なことです。
今は患者様から、「他の先生よりもしっかり説明があり、とてもわかりやすかった」と言ってもらえることが、仕事の中の”快”であり喜びです。

説明を大事にしているそうですが、それはなぜですか?

歯医者は楽しくないところです。歯医者に通うということは、出来れば行きたくない場所であり、”快”か”不快”だったら、”不快”に感じる方が多いのではないでしょうか?
その行きたくないって気持ちや、いかにちゃんと治療してもらえるのかなど不安な気持ちを変えるには、それ相当のなぜ歯科医院に来なければいけないかという理由だったり、こういう状況だから治療を頑張らなければいけないのかっていう理由をしっかり伝えることが大事です。
小さなお子様の場合は、保護者の方に説明をします。ブラッシングや治療がなぜ必要なのかを説明します。

基本、患者さんの希望に沿った治療を行いますが、時には希望どおりにならない時があります。その際も、なぜその治療が必要なのかというところを理解してもらうために、資料やiPadなどを利用し、説明をしています。
説明時の資料に関しても、患者様に寄り添いわかりやすい説明をするため、iPadを使用しイラストを描きわかりやすく説明をしたり、資料を手作りしたりするなど様々なツールを利用しています。

また、患者さんに対しても、いつも最後に、「自分がわからないこと以外は全部答えるので、とりあえずわからないことがあったら何でも聞いてください。」と伝えています。いかに患者さんが理解したうえで治療ができるかという、そのスタンスを作れるかを重要視しています。

総合歯科(トータルケア)へのこだわりは?

総合歯科(トータルケア)とは、口の中のことをすべて診ることのできる診療です。
一生自分の歯で食事をするためには、基本の治療として歯周病の治療をしなければいけません。歯周病の治療のためには、リスクコントロールをしなければいけない。そのためには歯茎の手術をしなければいけない。再生治療だってしなければいけないのです。
まず、なぜ歯周病になるかを考えたときに、歯茎の炎症はなぜ起きたのか。汚れがたまるから炎症が起きる。では、なぜ汚れがたまるか?歯がきちんと磨けていないからでは?歯並びが悪いと、汚れがたまりやすくなります。ではどうすればいいか。歯並びがキレイにすると歯が磨きやすいなり、コントロールしやすくなる。というような結論になります。
ということは、歯周病の治療するためには矯正治療ができないといけないと考え、矯正治療を取り入れました。
また、矯正治療は、入れ歯やブリッジの治療を行う際にも、出来るだけ今ある歯を残す、削らないよう治療するためには、矯正ができると治療の幅が広がるのです。

一般的に歯を削って治すのが歯科医というふうに思われていますが、僕の考えとしては口腔医だと考えています。なぜなら口は1つなので、1つの中を治すのに、様々なテクニックがないとしっかりとした治療はできません。
大きな病院なら、それぞれ専門の医師がいてチーム医療が成り立ちます。でも、歯科医院ですべての専門の医師を集めるのは難しいので、どのような症状の方が来ても対応ができるよう、口腔内をトータルで治療できることが大事なのです。

医師・スタッフ紹介

院長:渡辺 邦広

略歴
2005年 神奈川歯科大学卒業
資格・所属団体など
AFD会員
日本歯周病学会会員
日本顎咬合学会会員
IDAデンティストコース修了
モダンエッジワイズ法研修会ベーシック、アドバンス修了
アストラテックインプラントベーシックコース修了
学校・園医
田中幼稚園、おお田保育園、花の井保育園、北の社保育園、西原小学校
患者さんへのメッセージ

私たちが携わる歯科治療の技術は、今日まで大きな進歩を遂げてきました。しかし、たとえどんなに技術が進歩しようとも、歯科治療におけるカウンセリングの重要性は、この先も変わることはありません。当院では、みなさんに最良の歯科治療をご提供していくために、丁寧なカウンセリングから診療をスタートしています。

当院は、父の代から柏の地域のみなさんの歯科治療に携わってまいりました。ありがたいことに開院30年を迎えることができ、多くの患者さんから信頼を寄せていただいております。これは歯科医として本当に嬉しいこと。感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、地域のみなさんの笑顔のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

大先生:渡辺 哲邦

略歴
1976年 神奈川歯科大学卒業
1976年~1979年
日本大学松戸歯学部
補綴第3講座助手
1983年 渡辺歯科医院開業
資格・所属団体など
ケアマネージャー
学校・園医
柏田中北小学校、流通経済大学付属柏高等学校、田中保育園
患者さんへのメッセージ

私は、ただ目の前の疾患だけを治療すればいいとは考えておりません。お口は、毎日、お食事やおしゃべりで使うもの。つまり、みなさんの生活に密接に関わっているのです。それだけに、お口の疾患というのは、日常生活に大きな影響を及ぼしてしまうものなのです。そして、その疾患の原因が普段の生活の中にある場合も多く見受けられます。

ですから私は、疾患の原因をきちんと見極めたうえで治療にあたっています。治療内容についてお話しするときも、そのときの治療内容だけではなく、患者さんが治療後も安心して過ごせるような様々なお話を差し上げています。

また、私は予防歯科を重視しています。予防というのは、治療と同じくらい大切なことです。ほとんどの歯科疾患は治療できますが、歯を削ったり、抜いたりしなくてはならない場合もあります。削った歯や抜いてしまった歯は、永遠に再生することはありません。ですから、私は治療をすると同時に、これ以上新たな疾患ができないように、十分に予防に関する指導をさせていただいております。

歯の磨き方を変えるなど、今までよりも少々面倒になることもあるかと思いますが、お口の健康を守っていくためには、みなさんの協力が不可欠です。虫歯や歯周病を防ぐ方法や情報は私が一生懸命お伝えしますので、一緒に力を合わせてお口の健康を守っていきましょう!

スタッフ紹介

スタッフ一同みなさんのご来院をお待ちしております。

TOP