EPARK歯科 予約はコチラ

【受付時間】9:00~18:30

TEL:04-7133-1416

虫歯や歯周病になりたくない~予防歯科~

ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました 詳しくはこちら

ドクターズ・ファイル 総合歯科医院で受ける矯正治療

ドクターズ・ファイル すべてを総合歯科で行うメリット

HOME»  虫歯や歯周病になりたくない~予防歯科~

予防に勝る治療はありません

予防歯科の役割――それは、歯の病気を防ぐことです。「歯が痛くないのに歯医者に行くなんて……」とお考えの方も多いかもしれませんが、治療を何度も繰り返している歯と、治療を受けていない健康な歯とでは寿命が違ってきます。最先端の治療を受けて治ったとしても、一度治療を受けた歯はダメージを受けているため、本物の歯よりも長持ちしないのです。

だからこそ、「歯が痛む前に予防処置を受けること」はとても大切なことであり、実際に最近では、予防を目的として歯科医院に通うスタイルが一般的になりつつあります。当院でも、予防歯科の考えに賛同し、予防重視のスタイルを推奨しています。

歯の大切な役割とは?

健康的に生活していくためには、歯の健康管理はとても大切。なぜかと言うと、以下のように歯というのは生活していくうえで非常に重要な役割を担っているからです。

咬む
歯を使って食べ物を咬み砕くことで、栄養が体内に吸収されやすい状態になります。また、きちんと咀嚼をすることで、消化器官にかかる負担も軽減できます。
異物を見つける
異物を含んでしまった時に即座にそれを感知するのも、歯の重要な役割の一つです。たとえば砂や砂利などが口腔内に入った場合、すぐにそれに気が付きますよね? これは歯があるおかげなのです。
味覚の補助
歯ごたえや歯触りといった、食べ物の食感は味覚を補助してくれます。食べ物の弾力や硬さを認識するのも、食事を楽しむうえでは欠かせないことです。
豊かな表情づくり
美しく健康な歯は、その人の表情を豊かにしてくれます。歯がきれいなら、自信を持って笑顔を見せることができますよね。一方、歯を失ってしまうとアゴの骨がやせ細っていき、表情筋が衰え、シワができやすくなります。そうなると、表情も乏しくなってしまうのです。
発音の補助
歯は、舌や唇と同じように発音を補助する役割を担っています。そのため、歯に不具合があると滑舌が悪くなることがあります。
力の発揮をサポート
スポーツなどで瞬間的に力を入れる時、人は歯を咬みしめます。歯というのは力を出す際に、その力を受け止める役割を担っており、パフォーマンス向上のために一役買ってくれるのです。

歯周病にならないための予防歯科

大人の方の予防歯科として、定期検診時には、歯周ポケットから血が出ているか出ていないかをまず確認します。歯周病に関しては、出血がバロメーターになります。出血するかしないかや、どの部分にどれだけ血が出るかを毎回確認します。血が出ているところはコントロールできていないところになります。患者さんには、「今回ここ腫れてる・出血してるから、頑張ってブラッシングしてください」という啓発につながります。
そのためにも、年4回の定期検診をお勧めしています 。

TOP